Information

2017.05.18お知らせ, ブログ

肉離れ、打撲、捻挫の応急処置について

5月に入り、運動会シーズンになりました。
また、気候も暖かくなりこれから運動を始める人も多いのではないでしょうか。

しかし運動にはケガがつきものです。
今回は、運動中の応急処置についてまとめてみました。

転んだ 捻った ぶつけた際は、腫れたり 痛みが出たり 熱っぽさがあったりします。
このような症状があったら、まず応急手当として、RICE処置を行いましょう。

RICE処置とは??
Rest        安静
Ice       冷却
Compression 圧迫
Elevation    挙上
の頭文字をとってRICE(ライス)といいます。

securedownload

ケガをした直後は患部や全身をあまり動かさず、体を温めないようにします。
入浴やお酒、運動は避けましょう。
患部をアイスノンや氷のうで冷やしましょう。目安:約15分〜20分程度
テ-ピングや伸縮包帯があれば患部を圧迫すると腫れが抑えられます。
痛みが強くなったらまずは患部を高く挙げましょう。

あくまでも応急処置なのでその後は自己判断せず近隣の医療機関へかかりましょう!

次回からはRICE処置についてマニアックに(?)解説していきたいと思います。