理事長挨拶

患者さんの健康増進に寄与する歯科医院へ

医療の進歩や衛生環境の改善によって、「人生100年時代」が到来するといわれています。長く人生を楽しめる時代が訪れること自体はまことに結構なことです。ただ、人生を楽しむためには健康でなくてはなりません。たとえ、100歳まで生きられたとしても、食べたいものも食べられず、やりたいこともできない、健康を害した人生ではなんのための長寿でしょうか。健全な歯は健康の基盤。年齢にかかわらず、よく噛んで食べることで脳の活動は活発になり、体全体を健康に保つことができます。

「生まれもった、ご自身の歯を大切にする」。これが敬友会の理念です。
歯科医院はどこも同じように見えるかもしれません。しかし、歯科医療に対する取り組み方、治療技術のレベル、備えている設備などは歯科医院によってさまざま。残念ながら、「むし歯は削ればよい」「悪くなった歯は抜いて入れ歯やインプラント(人工歯根)に替えればよい」と考える歯科医師が少なくないのは事実です。
しかし、歯は悪くなったところだけを治療すればよいというものではありません。当会のクリニックは、むし歯の原因が歯並びにあれば歯列矯正から、歯周病がむし歯によるものであれば根管治療(歯内治療)から行う抜本的な治療計画を提案いたします。

歯科治療にご満足いただけるよう、当会は最先端の歯科医療設備を充実させてきました。100分の1ミリ単位の精度が要求される歯の治療に今や不可欠な、マイクロスコープ(実体顕微鏡)、歯科用CT(コンピュータ断層撮影)など、通常は自費診療に用いられる機器を使った治療を保険内診療でも受診いただけます。また、一日でセラミックの治療が終了するセレックシステムは「早くてきれい」と、ご好評をいただいております。

歯を健康に保つために当会がいちばん力を入れているのは、じつは治療ではありません。歯科医院の最も大切な役割は、再び歯が悪くならないようにすること、治療不要な状態に歯を保つことだと、私は常々考えています。とくに子どもの頃からの歯科疾患予防は、生涯にわたって口のなかを健康に保っていくうえで非常に大切です。それを可能にするのが歯科衛生士による定期メンテナンス。当会では歯科医師に対し、倍する数の歯科衛生士を配置して、患者さまの予防のお手伝いに努めています。

敬友会には、総合歯科診療を行う「小机歯科医院」「久保倉歯科医院」、より高度な歯科医療を提供する自由診療専門の「小机歯科医院アネックス」、小さなお子さまにも安心して歯科医療を受けていただける「都筑キッズデンタルランド」の4施設があります。どのような歯科医療にも対応できる体制を整え、歯の悩みを抱える方のご来院をお待ちしております。

略歴

神奈川県立厚木高校卒業
神奈川歯科大学卒業
横浜市立大学医学部口腔外科学教室入局
横浜船員保険病院歯科口腔外科医長代理
小机歯科医院開設(1986年)
医療法人社団敬友会設立 理事長就任

日本歯科医師会会員
神奈川県歯科医師会会員
港北歯科医師会会員
横浜市立小机小学校歯科校医
厚生労働省認定研修指導医
ハーバード大学、ニューヨーク大学、コロンビア大学、ミシガン大学、カリフォルニア大学、南カリフォルニア大学、インディアナ大学、全米7つの大学で研修を受ける。
現在、ハーバード大学歯学部共同研究員
ICOI(国際インプラント学会)認定医、指導医
IACD(国際現代歯科学会)認定医、指導医

著書 K.SRCT 久保倉式スーパー根管治療
(歯科医師向け専門書)ISBN:4931562442
根管治療の根管充填における日本でのオーソドックスな方法となっている側方加圧根管充塡法。 学んだままに治療してもうまくいかない。いくらきれいに根管内を洗浄しても治らない。 再発、再治療を繰り返し完治のゴールが見えないというのはあなたのせいではないかもしれません。 根管治療に苦手意識、不安をもっている、そんな先生方に是非読んでいただきたい1冊です。 K.SRCTでは「明確な数値目標とシンプルなプロトコル」が確立されているため、 手順と数値目標を順守すれば、ほんの数回の治療で根管治療を終わらせることができます。(出版社コメントより)

著書「だから歯が治らない」本物の根管治療を受ける
(一般向け図書)ISBN:4931562426
歯の根の先、骨の中に生えている歯のさらにその奥の世界を「スーパー根管治療」で治療し、むし歯で溶けた骨を再生させた症例をご確認ください。著者の歯に衣を着せぬ業界、国や歯科大学教育への指摘が痛快でもあります。(出版社コメントより)

Private Time

休日は、長年続けているピアノの練習をしています。以前はコンクール等にも挑戦しましたが、現在ではマイペースで練習をしています。
曲はもっぱらクラシック。特に、バッハの作品を多く練習しております。

また、生涯、日本国内で行っていない県が5つ有ります。(佐賀、愛媛、香川、高知、鳥取)これから、これらの県にも訪れてみたいと考えています。

topへ