admin_cyan

Hello world!

WordPress へようこそ。こちらは最初の投稿です。編集または削除し、コンテンツ作成を始めてください。

レントゲンと被ばく

日本は世界でただ一つの被爆国であり、報道でもすぐ放射能漏れと言う言葉が用いられる事もあり、被爆という事に関しては、とても神経質な国民であると言えます。 今回、当院では歯科用のCT装置を導入するにあたり、もう一度放射線の影 […]

妊婦とレントゲン

ひょっとしたら、妊娠しているかもしれないのに、今日、歯科医院を受診したときに、はっきり言えなくて、レントゲンを撮ってしまった。さてどうしよう。 なんて思い悩んでいる方も多いかと思います。 早産・低体重での出産は、歯周病が […]

レーザー治療

歯科領域で使われているレーザーについて 歯を削るために使用され始めている、エルビウムーヤグレーザーは水分に反応して組織を破壊?する為に水分の少ない歯は削るのが難しいとされています。特にエナメル質は水分が少ない為に、かなり […]

歯科用マイクロスコープ

歯科用マイクロスコープ(歯科用実体顕微鏡) 当院でのマイクロスコープの使用は2007年からです。そして、現在では11台の診療ユニットに11台のツァイス社製のマイクロスコープを設置してあります。 当院では、これで歯を見て診 […]

金属アレルギー

口内環境に影響される心身の不調 アレルギー疾患、頭痛・偏頭痛を始めとした色々な部位の痛み、目の疲労・重み、鼻づまり、手足の痺れ、冷え症、全身のだるさ、不眠、疲労感、イライラといった様々な症状に悩み、病院で診てもらっている […]

アレディアとゾメタ

アレディアとゾメタ(登録商標) アレディア(一般名:パミドロン酸ニナトリウム)ゾメタ(一般名:ゾレドロン酸)は乳がんの治療や多発性骨髄腫(国内ではこの病名では未承認) に使われる治療薬で、アレディアは1994年から ゾメ […]

歯科用CT

歯科用CT(コーンビームCT) 歯科診療を行っていく上で、無くてはならない装置として、歯科用CTが有ります。医科のCTとはレントゲンの照射方式が違う事から、コンビウムCT(CBCT)と言われる場合も有ります。 歯科用CT […]

歯科技工

歯科技工士さんはどのようにして歯に詰める金属を作っているのでしょうか 協力:ホワイトデンタルラボ/横浜 インレーと言う物を例に説明します 歯科医院より預かった模型をノコギリで分割します。(模型作成) ロウで歯の形を作りま […]

エアーアブレッシブ

これは、アルミナと言う物質を強力な空気圧で吹きかけて、歯を削る器械です。 産業用としては、墓名を刻むのに使われています。一般的にはサンドブラストと呼ばれています。 私は、これを人体に使う事にとても疑問を感じてしまいます。 […]

痛みの少ない麻酔方法

歯科にかかって嫌なのは、あのキーンとする音で削られるのと 麻酔をする時の痛みがあると思います。 その麻酔も打ち方一つでかなり痛みが違うものです。 40歳以上の方々は、麻酔はかなり痛いという印象をお持ちだと思います。それは […]

GEM21

キーワードGEM21 血小板由来成長因子 PDGF GEM21 Sとは 簡単に言いますと、歯周病で骨が無くなってしまった部分に詰めておくと骨が再生するとされている新歯科材料。エムドゲインにも同様な作用がありますが、エム […]

エムドゲイン

エムドゲインゲルを使った歯槽骨の骨再生 キーワードエムドゲイン エムドゲインゲル 歯周病 骨の再生 エナメルマトリックス 歯周病の中の歯周炎にかかりますと、歯を支えている骨が吸収して段々と歯が動いてまいります。その失わ […]

歯茎を剥がさない、フラップレス手術

歯茎を切らないフラップレス インプラントとは フラップレスインプラントは通常のインプラント手術とは異なり、歯ぐきを切り開いたり、剥離(はがしたり)することなく小さな穴を開けてインプラントを埋入する治療法です。 通常の方法 […]

2020年~2021年 年末年始 休診のお知らせ

12月30日(水)~2021年1月3日(日)は、休診とさせていただきます。 《新型コロナウイルスへの対応》 当院では、新型コロナウイルス感染予防対策として院内換気を行っております。少々寒くなっておりますが、ご了承いただけ […]

スーパー根管治療 症例集4

スーパー根管治療 症例31 増永先生症例 初診時 20代女性 9年前に来院されて上顎前歯の根管治療を2回うけられた患者さん。9年後に親知らずの精査の為にCTを撮影。この部分も映っていたので見てみると、根尖病変は完全に治癒 […]

スーパー根幹治療 症例集3

スーパー根管治療 症例21 難症例 20代 女性 右上の奥歯で咬めないので来院。CBCT(歯科用CT)によると、第一大臼歯は3本の根があるのだが、その先端に全て根尖病変と言う状態であった。何と言っても、この様な症例は、前 […]

スーパー根幹治療 症例集2

スーパー根管治療 症例11 根尖部の空洞は体が嫌がる! 40代 女性 笑った時に鼻の下を触ると違和感がある。デンタルレントゲンやCBCTにて、右上側切歯に円形のレントゲン透過像を認めた。K.SRCTにて2回治療。1年後の […]

スーパー根管治療 症例集1

スーパー根管治療を行った、レントゲンによるビフォーアフターです。基本的にレントゲン写真は密度の高い部分は白っぽく写り、密度が低い部分は黒く写ります。歯のレントゲンの場合でも、正常な場合は根の先に黒いような部分はなく、均等 […]

歯髄再生

内容準備中

活動報告0000年00月02日

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキ […]

活動報告0000年00月01日

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキ […]

インプラント周囲炎を防ぐため

ネジ留めインプラントとセメント固定インプラント インプラントはインプラント本体(フィクスチャー)と歯に相当する部分(上部構造)に分かれます。つまり根に相当する部分と人工の歯に相当する部分に分かれます。 それをどう繋ぐかの […]

インプラントは互換性なし!

現在、日本で手に入るインプラントは50メーカー程度あると言われています。1980年代では、アルミナ(人工サファイア)、バイタリウムと言う金属、ガラス等、各社違うものが発売されていましたが現在では殆どのメーカーが純チタン製 […]

医院選びについてのアドバイス

厚生労働省の調査報告によりますと、歯科医院は全国で約68,000ほどありますが、インプラント手術を実施している歯科医院は、全体の16.8%にあたる約11,000施設ということです。 このページでは、たくさんある歯科医院の […]

打音検査

インプラント埋入後にインプラントが骨とが、しっかりと結合しているのかどうかは、目で見ても判りません。又、レントゲンを撮っても余程の変化が無い限りインプラントの状態の把握は困難と言えます。 そこで、当院では安定性の確認検査 […]

インプラントのよくある質問

インプラントの治療には、CT撮影が絶対に必要なのでしょうか? 骨は、エビの天ぷらのようなものです。見た目からは、大きなエビが入っているような天ぷらでも、実際に食べてみると細いエビが入っていた!といった経験はありませんか。 […]

骨を作る(GBR)

どうやって骨をつくるのですか? 前は、インプラントは、充分な骨の厚さと幅が無ければ、埋められない物とされてきました。しかし、現在では色々な材料の開発や、テクニックの進歩により、その様な部分に応用できるようになってまいりま […]

ソケットリフトサイナスリフト

Q.上顎で骨が薄いときはどうするのですか A.上顎の奥歯の骨はかなり個人差があります。 歯が埋まっている時はそれなりに骨が有ったのでしょうが、抜いてしまう事により、薄くなってしまう場合が多いです。実際には1ミリ程度のペラ […]

インプラントできる?できない?

Q.インプラントが出来ない人っていますか? A.いらっしゃいます。それは、持病が有る場合や、特定のお薬を飲んでいたり、注射を受けている場合です。 ビスフォスフォネートと言う薬の投与を受けている方。このお薬は骨粗しょう症の […]

インプラントのトラブル

インプラントが骨にくっつかない 硬い骨 通常は、インプラントを埋めると、下顎の場合は2~3ヶ月、上顎の場合は5~6ヶ月で骨と結合します。しかし、ごく稀(2%程度)に結合しない場合があります。原因は3つ程度。まず骨自体が余 […]

インプラントの長所

インプラントを入れた人に聞くと、もう一度自分の歯が生えた様なものだと言われます。それもそのはずで、義歯(入れ歯)の様に粘膜に乗る部分がありませんので、違和感は全くありません。又、義歯(入れ歯)は残った歯に針金等で引っ掛け […]

インプラント治療の流れ

インプラントも、いきなり歯が生える訳ではありません。以下の様な順序で治療が行われます。CTのレントゲン検査で骨があまり無かった場合は骨を足す処置が必要ですので、期間が長くかかります。現在では骨の条件によってインプラントが […]

インプラントの構造

インプラントは、下の図の様に、インプラント本体部分と歯に相当する部分に分けられます。その中でもインプラント本体にも3種類ほどあります。簡単に言うと、3つに分かれているインプラントから2つ、1つのみのインプラントがあります […]

セレック

セレックシステムって何? セレックシステムは、白い詰め物が歯型を取ることなく、手に入る、 最先端審美歯科治療です。 お口の中を3D光学ビデオカメラでスキャンすることで、そのデータをもとにコンピューター上で設計し、ミリング […]

イーマックス

イーマックス(e.max)って何? イーマックスは、白い詰め物が歯型を取ることなく、手に入る、最先端審美歯科治療です。セレックのミリングマシンを使いますので、基本的に、治療の進め方は殆ど同じです。違いは、素材にあります。 […]

メンテナンス

虫歯をつくらない!そのためのプロによるクリーニング 虫歯になってからではなく、虫歯にならないよう予防するために、歯科医院に通院いただくのが『予防歯科』の考え方です。この予防歯科では、毎日の歯みがきでは、取り除けない歯垢や […]

歯磨き剤について

派手な宣伝と妙に高いあの歯磨き材は本当に良いのか まずは、歯を白くすると言う宣伝文句についてただ単に歯に付着した、表面の汚れが、とれるだけです。はっきり言って誇大広告すれすれの表現です。元の歯の色より色を白くすることは無 […]

イエテボリ式歯磨き

虫歯予防の先進国のスウェーデンのイエテボリ大学と言えば、歯科医ならば知らない人は居ない程 有名です。そこの病院で行なわれている歯磨き法をご紹介します。(同大学の予防歯科の教授の講演会より。) 歯磨き材は2センチたっぷりつ […]

むし歯の予防

大人になってから、虫歯で困らないようにする法則 フッ素入りの歯磨き材(粉)を使う。 歯科医院で高濃度のフッ素を年間、3回以上塗布する。 正しいブラッシング方法を幼児のうちから教わる。 飴、チョコを食べ過ぎない食生活。 だ […]

メンテナンスの重要性

メインテナンス メインテナンス。以前は機械設備に用いられていた言葉ですが、現在ではグーグル等で調べてみると、もっぱら歯科医院のホームページがヒットします。 では、歯科のメインテナンスとはどんな事でしょうか? メインテナン […]

歯周病を治す

歯周病は歯肉炎と歯周炎とに分れます。その中で、歯肉炎は骨に変化が無いので、ブラッシングを一生懸命やってもらえば2週間でも有れば治ります。 (参考:歯肉炎のページ)問題なのは、歯周炎の方で、これがいわゆる歯槽膿漏といわれる […]

白い乳歯冠

子供さん(お子様)の大きなむし歯の治療には、再治療の可能性が低い乳歯冠という被せものを使用することが現在ベストな治療方法と言えるでしょう。全ての部位の乳歯に対応でき、削れ難く、欠けにくい乳歯冠は、今まで日本では金属のもの […]

子供の虫歯予防

大人になってから、虫歯で困らないようにする法則 フッ素入りの歯磨き材(粉)を使う。 歯科医院で高濃度のフッ素を年間、3回以上塗布する。 正しいブラッシング方法を幼児のうちから教わる。 飴、チョコを食べ過ぎない食生活。 だ […]

非抜歯矯正

出っ歯でも小臼歯を抜かずに行う矯正方法 左の写真の様な大人の出っ歯の場合、多くは上顎の小臼歯という前歯と奥歯の中間の歯を両側とも抜歯して、前歯を後方に引っ込める矯正方法がとられます。 しかし、この方法には「見た目が貧相に […]

インビザライン目立たないマウスピース治療

当院が選ばれるポイント! ~フィニッシュまで定額制の安心感~ インビザラインは、矯正治療に対する「経験や知識が浅い歯科医師でも導入しやすい」というメリットがあり、とても画期的な治療方法ですが、さまざまな症例において、現在 […]

小児用マウスピース矯正(子供用プレ矯正)

お口の中に取り外し可能な装置(マウスピース)を入れることで、お子さまが無意識のうちに、舌の位置や頬・唇の筋肉のバランスを改善していきます。お口周りの筋肉が正しい力を発揮できるように促し、顎や歯を正しい位置に動かしていく治 […]

がちゃがちゃな歯並び

歯並びに関してで、一番多く相談にいらっしゃるケースです。専門的には一級叢生(そうせい)と呼びます。 叢生の治療 顎を広げて矯正する。傾いている歯を立てて矯正をする。歯を抜いて矯正する。 広げてスペースを作る。(非抜歯の治 […]

出っ歯

出っ歯の種類 上の顎が出っ張っているタイプ。 下の顎が下がっているタイプ。 上の歯が出っ張っているタイプ。 両者の複合。 実際の治療例 4つの出っ歯のタイプを書きましたが、意外と多いのが下の顎が下がっていて、相対的に出っ […]

糖尿病と歯科

日本人のうち、六百万人は、居るのではないかと言われている糖尿病。でも、その怖さは軽視されがちです。そこで、この度、日本口腔外科学会雑誌に、糖尿病の存在の為に、重篤に陥った感染症の報告が有りましたので、ご紹介します。 出典 […]
topへ