- 治療について - 顕微鏡による治療の必要性

顕微鏡による治療の必要性

歯を削る際には顕微鏡が必要です。

歯を削る際には顕微鏡が必要です

義歯引っ掛ける歯を被せて、義歯が入るように加工をします。

精密な被せものを作りますので歯を削るのにも顕微鏡で拡大をして行います。よってマイクロスコープで拡大をして歯を削ります。実際には、4倍から8倍程度に拡大して治療します。

ドイツ製マイクロスコープ

当院では、ドイツ製マイクロスコープを11台設置。
歯を削る行為を始めほとんどの治療に対して使用しております。

ミリング義歯の冠を削るのには必須です。肉眼ではできません。

topへ