- 治療について - ミリング義歯の症例

ミリング義歯の症例

インプラントを希望しない患者さま

右上の欠損。

骨の厚さが不足しておりました。サイナスリフト法による骨造成をしてインプラントを行う事も提案をしましたが、義歯の再製を希望されました。

咬む力が強い方の為に、広いプレートを用いて、圧力を分散しました。

歯周病により多数の歯を失った例

左右の奥歯の欠損。

歯周病の治療を先ず行いました。

歯周病の為、極力、歯にかかる力を弱める為に、大きめのプレートで圧力の分散をはかりました。

パーシャルパラレルミリング義歯の場合、義歯を引っ掛ける部分の歯を削って、被せものを作り、その被せものの一部に義歯の引っ掛ける部分が嵌まり込む構造になっています。

前から見ても、義歯が入っているようには見えないと思います。

topへ