- 治療について - インプラントの長所

インプラントの長所

インプラントを入れた人に聞くと、もう一度自分の歯が生えた様なものだと言われます。それもそのはずで、義歯(入れ歯)の様に粘膜に乗る部分がありませんので、違和感は全くありません。又、義歯(入れ歯)は残った歯に針金等で引っ掛けるために、かむたびにその歯が引っ張られます(負荷がかかる)ので、早期にグラグラしてきて、抜かざるを得なくなる場合も多いです。

義歯(入れ歯)の場合

義歯(入れ歯)の場合

義歯(入れ歯)は粘膜の上に乗っけてあります。つまり感覚のある部分に接触しておりますので、粘膜に義歯が食い込んで痛い場合があります。又、左の図の義歯の様に、歯の下に金属の板状の構造物がある場合が多くこれが非常にうっとうしく、話しずらいと言われいます。金属のバネが目立ち審美性が劣る、咀嚼能力が低下し寿命が短いというのもデメリットです。

義歯(入れ歯)のメリットは、インプラントのように手術はいりませんので、簡単にできる場合もあります。又、超精密加工をしたパーシャルパラレルミリング義歯の場合は、入れ歯の様には見えずに、かなり咬めると好評を頂いております。

ブリッジの場合

ブリッジの場合

ブリッジのメリットは、固定式で、入れ歯のように取り外してキレイにするために毎日、手入れをしなくてもよく(歯磨きは当然必須です)、食事も違和感なく咀嚼することができます。

ブリッジのデメリットは、隣り合う歯を支えにしますから、支えとなる歯がなければ適応となりません。支える歯を削ってかぶせものをするので、健康な歯を削らなければならないというデメリットがあります。一度、削った歯は弱くなりますし、なくなってしまった歯を両隣りの歯で支えるわけですから負担が大きくなります。結果的に健康だった歯を無くすことに繋がる方がとても多くいらっしゃいます。

インプラントの場合

インプラントの場合

歯の無い部分に直接、人工歯根を埋めてしまいます。しかも周囲の歯を削って連結する必要もございません。よって周囲の歯には義歯の様な揺さぶる力はかかりません。
又、義歯の様な前歯の下に通るような構造物はありませんので、発音にも障害はあたえません。

インプラントは、費用がかかりますが残っている歯への負担を考えると、ブリッジ、入れ歯より優れています。また、インプラントの10年残存率は90%を超えていますので、寿命が長いこともメリットです。

topへ