- 治療について - 口臭について

口臭について

ひとりで悩むのは、今日で終わりにしましょう!

あなたが口臭にお悩みをお持ちなら、プロの私たちにお任せ下さい!

古代ローマ時代から人は口臭を気にして、悩んでいたそうです。

現代においても、平成11年の厚生省の調査によると、口臭があると悩んでいる人は、15%程度存在しているとされ、現在では、もっと増えていると予想されます。適切な治療やアドバイスによって口臭は無くなるものです。安心して、治療を受けましょう。

いったい口臭とは何なんでしょう。

「呼吸や会話時に口から出てくる息」が、「第三者にとって不快に感じられるもの」と定義されています。
口臭の度合いは数値で計測が可能です。 → 口臭の検査について 詳しくはコチラから

臭い正体は何なんでしょう。

  1. 硫化水素・・・あの、草津温泉あたりで臭っているタマゴの腐ったようなにおい。
  2. メチルメルカプタン・・・血なまぐさい、魚くさい様な臭い。
  3. ジメチルサルファイド(硫化ジメチル)・・・ゴミ臭い。

上記の三つが代表的な物質ですが、これ以外にも多数の物質が存在して、それらが混じりあって口臭を形成しているそうです。ただ、器械で計測できるのは、今のところ上記の三つのみです。

口臭はどうやって測定するの?

  1. 歯科医師や歯科衛生士が直接臭いをかぐ方法。
  2. 半導体センサーによる測定器による方法(オーラルクロマ、ハリメーター、ブレストロン)。

当院ではオーラルクロマを導入しました。これは、上記の三つの口臭物質毎に量を測定可能。

口臭を分類すると?

1.真性口臭症

本当に口臭が有る場合。

生理的口臭

起床時や、空腹時、緊張時の口臭 にんにくやタバコの臭いは除く。

病的口臭

A.口の中由来の病的口臭 舌苔 プラーク 膿 等、
B.全身由来の病的口臭 蓄膿症、慢性扁桃炎 糖尿病 癌 等、

2.仮性口臭症

患者さんは口臭を訴えるが、口臭は認めず、検査結果等の説明により訴えが改善できるもの。

3.口臭恐怖症

真性口臭 仮性口臭の治療では訴えの改善ができないもの。心療内科や精神科との協力が必須です。

口の中のどこから臭うのか?

口臭の原因は歯垢や食べかすと言いたいところだが、上記の口臭物質の3つからはあまり生産されないそうだ。

大きな原因は舌の奥の方の汚れが臭いの元になる事が多いそうです。
それは、舌の苔と書いて舌苔(ぜったい)と言うもので、これは舌の表面の細胞のたんぱく質が、ある種の細菌によって分解されて生じる白いネバネバです。試しに、ベロをべーーっと出して、手の甲をなめてから臭いをかいでみてください。もの凄く臭う場合がございませんか?これが証拠です。

あとは、歯周病の場合に、歯と歯の間から出る膿様物質も口臭の原因になります。

どうやって治すの?

口臭の原因によって、治療法の違いは当然ありますが、ここでは、口の中の原因による口臭について説明します。

  1. 舌苔の除去。
  2. 歯周病の治療。
  3. むしばの治療。
  4. リンス等の使用。
    *リンスの使用は、昔のトイレの芳香材みたいなもので、臭いを感じさせなくするだけです。原因の除去にはならないのです。

全身的な疾患の場合は、それを治す事は言うまでもありません。又、喫煙もよくないです。

舌の磨き方

  1. 起床後一回、朝ご飯前に、柔らかい歯ブラシや舌苔除去用のブラシにて、舌をみがく。
  2. 舌を磨くのに歯磨き粉はつけない。
  3. 歯磨き前にする。
  4. 嘔吐しないように工夫する。(息を止めてする等)
  5. あまりゴシゴシこすらない。(あせらずに)

舌苔が有るから(舌が白い)からと言って、全ての人に口臭が有るわけではありません。
ゴシゴシと血が出る程にこすりすぎると、味を感じ取るセンサーまで壊してしまって、味が感じられなくなる事もありますので、気にしすぎて、こすり過ぎない事が大事です。

ひとりで悩むのは、今日でおしまいにしませんか?

口臭の度合いは数値で計測が可能です。 → 口臭の検査について

人が感じる臭いの大小は、人それぞれ臭いの感じ方が異なるため、数値化することが理想的です。
治療をとおして、「あなたのお口は、臭くありませんよ」ということを証明するデータを見て、我々は患者様と一緒に喜びたいと考えています。

患者様が安心して過ごせるように一緒に悩みを解決していきましょうね!

オーラルクロマによる検査

簡易型、ガスクロマトグラフィー装置です。使い捨ての注射器の針を外して、息を採集します。これを機会の中に入れて計測します。痛みも苦しさも何もありません。結果は4分で出ます。小机歯科医院には2005年より設置されています。2020年、現在は2代目の最新モデルになっています。

topへ